The Interactive Museum

by LM3LABS

ARを教育ツールとして活用

AR(拡張現実)は、対象を隅々まで探索できるツールとして、教育施設においても威力を発揮します。ARを用いて、ビジターは、この事例のようにダイナミックでインタラクティブな3Dコンテンツを自在に操作できます。例えば、幅広い選択肢から植物のデータシートをピックアップし、テーブルの上に置くと、この植物に関する詳細な情報が、拡張現実として表示されます。このデータシートを持ち帰って、自宅でも同じ体験ができます。

LM3LABSは、白黒マーカーはもちろん、あらゆる色彩/形状のマーカーレス画像を識別し、PCからMac、Linux、iOSおよびAndroidまで、すべてのプラットフォームに対応するARソリューションを提供いたします。

Comments are closed.