Archive for June, 2013

Ubiq’Kiosk – スマートなスクリーンシステム

June 26th, 2013 Tags:
| Posted in Ubiq'window | No Comments »

LM3LABSは、タッチレス技術Ubiq’windowを搭載した自立型スクリーンシステムUbiq’Kioskをリリースしました。

短焦点プロジェクターとハイスペックPCを内蔵し、電源ONですべてが起動するスマートなプラグ・アンド・プレイ・システムです。最小限のスペースでも、大型画面を操作でき、さらに解体・組立・運搬を想定したデザイン設計で、展示会などでもモバイル式に活用できます。大学などの教育機関や、企業のショールームが最初の導入事例です。会社の受付、商業施設のフロアガイド、美術館・博物館など、あらゆるシーンでの活用が可能です。

筐体のデザインやコンテンツ制作についてもご希望を承ります。ぜひお問い合わせ下さい。

UbiqKiosk1 UbiqKiosk2 UbiqKiosk3

インタラクティブに地域の自然を学ぶ子供たち

June 24th, 2013 | Posted in Catchyoo, Catchyoo設置, 動画, 映画 | No Comments »

Gifu-600px

 

LM3LABSは、子供たちが楽しく地域の自然を学ぶために設置された、岐阜市科学館のインタラクティブなエデュテインメント・システムを実現しました。

+ 目的

地域の自然について、子供たちの関心を惹き付けるため、科学館では、パネルや動画等を超えた新たなメディアが必要とされていました。

都会的な環境にある科学館内で、いかに子供たちにリアルな自然を感じてもらうか、が課題となりました。
サメやイルカ、クマノミのような派手なキャラクターではない、地元の川に生息する魚たちに、自然に親近感を持てるような演出が期待されました。

+ 提案

可能な限り「自然な」体験にビジターを誘い、しかも楽しんでもらえる映像演出をご提案しました。ボディトラッキング技術Catchyooを基盤とした、5m四方のインタラクティブな大型床面映像上で、10種の川魚たちが、それぞれの泳ぐ速度や行動習性にしたがって動き回ります。
ある魚は群れをなして泳ぎ、別の魚は素早く逃げるように動く等、魚の種類ごとに、モーションや習性が細かく再現されました。
言葉で説明するよりも、全身で魚の習性を体験することができます。
子供たちがこの画面上を歩くと、実際の川と同様に、魚たちは逃げようとします。
子供たちが魚に触れると、その名前が表示され、魚を追いかけながら、名前を学習することができます。

+ 結果

インスタレーションは成功を収め、科学館を訪れる人々に喜ばれています。
子供たちがはどのように魚の名前を覚えるかを科学的に測定することはできなくても、パネル展示で学ぶよりもはるかに効果的に、しかも楽しく、インタラクティブな床面上で遊びながら、確実に自然を学べると言えましょう。

Xloudia コンバータアプリ

June 23rd, 2013 | Posted in Xloudia, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

Xloudiaの技術が可能とする、モバイル・アプリケーションの何百もの可能性の一つを体験していただくため、新たなアプリをリリースいたしました。

Xloudiaコンバータは、2000種もの銀行券を認識し、約0.2秒で、自国通貨の値を提供します。

現在、11種の通貨と、新しいデジタル通貨Bitcoinを変換できます。

通貨を変換するだけでなく、お好みのSNS上で共有したり、メールで画像を送ることができます。

Xloudiaコンバータは、すでにGoogle PlayiTunes Storeにリリースされました。

 

10年にわたる日仏イノベーション

June 23rd, 2013 | Posted in LM3LABS株式会社, Xloudia | No Comments »

LM3LABSは、6月6日~8日の仏大統領の訪日に際し、公式代表団に参加しました。

2003年以来、LM3LABSは、コンピューター・ビジョンの分野で、日仏のイノベーションを担って来ました。

LM3LABSは、イノベーションを目的とする、日仏間の有益なコラボレーションを象徴する企業として、公式代表団に選出されました。
渋谷ヒカリエのKDDIショールームにて、LM3LABSは、フランソワ・オランド大統領はじめ、ファビウス外相、ペルラン中小企業・デジタル担当相、およびLM3LABSの顧客に、技術のプレゼンテーションを行いました。

実業界では、ルノー=日産CEOカルロス・ゴーン氏、ルノー名誉会長ルイ・シュバイツァー氏、東芝社長佐々木則夫氏も代表団に参加しました。

日本語のプレスリリース