Archive for September, 2011

リクルート後援のイベントで、日本初のiBalloonを公開

September 30th, 2011 | Posted in Catchyoo, iBalloon, 動画, 映画 | No Comments »

オープンソースの分散処理フレームワーク 「Hadoop」をテーマに開催されたイベント「Hadoop Conference Japan 2011 Fall」にて、LM3LABSのインタラクティブ・バルーンiBalloonが、日本で初めて一般公開されました。

地球の映像を飛び交うロゴや、キャラクターの象に触れてバルーンを操作できるオリジナル演出は、イベントを後援するリクルートのイニシアチブによるもので、1000名以上の参加者に、コミュニティに対する強烈なインパクトを与えました。

この企画は、LM3のパートナー、MGlobal Japanとの共同企画です。

 

リテールおよび美術館/博物館のためのAirStrikeとホログラフィ

September 30th, 2011 Tags:
| Posted in AirStrike, Ubiq'window, ホログラフィー, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

ホログラフィーは、視聴者が3Dオブジェクトの前にいると思わせる視覚のトリックです。

ホログラムのリアリティを疑うことは、「マトリックス流に」生活のリアリティを疑うこと、哲学的な議論につながります。

 

様々なホログラフィック・ソリューションが、東京インタラクションセンターのイベントで紹介/解説されました。

 

ホログラフィック画像をつくるために、いかなる技術が用いられようと、インタラクティブ性のない画像やアニメーションはとても退屈なものであり、人の心をつかむことはできません。

 

何にも触れることなく、光でインタラクティブに操作することは、慎重を要する問題であり、マウスやトラックパッドのようなデバイスの設置は、効果を台無しにしてしまいます。

 

ホログラムを指差しながらインタラクティブに操作することこそ、最良の方法です。

 

AirStrikeは、この目的二達するための最高のツールです。

 

例えばホログラフィック・システム「dreamoc」(他のメーカーも可)とAirStrikeを組み合わせたシミュレーションをご覧下さい。

リアルな物が展示されており、 ホログラフィックなコンテンツが物の周囲に現れ、それをクリックすると、メニューが提示されます。

コンテンツは、より多くの3D特殊効果を追加して、ステレオスコープとすることも可能です。

 

リテールや美術館/博物館のためのアプリケーションは無限に考えられます。

 

高級時計メーカーのためにデザインされた例をご覧下さい。ビジターがガラスケースの中に展示された時計の実物を指差すと、その選択した時計の周囲にホログラフィックなコンテンツが表示されます。

 

 

ホログラフィはスケールの大きい大画面でも可能です。

 

この例においては、ビジターを展示品から離すようなホログラフィックな特殊効果を生むために、「Vizoo」に類似したシステムが用いられています。

AirStrikeにより、展示品のディテールの方を指差す位置にしたがって、拡張された情報が得られます。