Archive for October, 2006

Catchyooは、現在バージョン1.6に更新されました。

October 31st, 2006 | Posted in Catchyoo | No Comments »

16logo 1.6では、統計モジュールが改良されています。

統計の機能は、ダイナミック・サイネージ業界にとって、お客様に対投資効果を証明し、料金設定やシステムのパフォーマンスをご理解いただくため、大変重要な手段です。

Catchyooの従来のバージョンにも、すでにこの統計機能がありました。Catchyooの統計の定義とは、「何人のユーザーが、何日の何時にどの広告で遊んだか」であり、「いつ、どの広告を」という定義に限定されている現在の市場より、はるかに進化しています。

今回の改良版には、広告業界にとって馴染み深い「コンタクト」の概念が加わりました。

新たなシステムにはv1.6が搭載されておりますが、既存のシステムについては、v1.6をダウンロードして更新してください。

大日本印刷が、Ubiq’windowとともに「ミュージアムラボ」をオープン

October 28th, 2006 | Posted in Ubiq'window | No Comments »

Dnp_1
大日本印刷は、世界最大の美術館、ルーブル美術館と共同で、ウェブサイト「ミュージアムラボ」を開始しました。

大日本印刷は、インタラクティブな要素やデジタル・アプローチ、RFIDなどの技術とともに、ルーブル美術館の傑作を紹介するためのミュージアム・ラボラトリーをオープンしました。

Ubiq’window はジェリコの作品を収める1室に設置され、幅6mの映像パネルにインタラクティブ機能(1) (2)をもたらしています。Ubiq’windowは、RFIDと組み合わされ、ユーザーに合わせて自動的に言語を切り替えたり、そのほかのパーソナライゼーションも提供されています。.

大日本印刷とルーブル美術館は、「ミュージアムラボ」とは何か、について解説します。 ミュージアムラボは、美術とのまったく新しい出会いを提供するものです。最新の情報技術と映像技術を使い、ルーヴル美術館の所蔵作品に新たな発見が生まれます。 この未曾有のプロジェクトは、美術の初心者から専門家まで、あらゆる人を対象として、美術作品をこれまでにない見方で鑑賞する機会をお届けします。"

この事例は、アメリカ人にとって、2005年に行われたイベント The Digital Louvre よりも実り多きものとなりました。

また、平成18年8月中旬、RFID solutions showroomCatchyoo Playgroundが採用されました。

日本語版のプレスリリース日本語版

日本語のウェブサイト