Archive for the ‘拡張現実感 – AR’ Category

フランスの現代美術館ポンピドーセンターで、Art Avatar展

December 16th, 2014 | Posted in 3DFeel, Xloudia, アート, 動画, 拡張現実感 - AR | No Comments »

フランスの現代美術館ポンピドーセンターで、2014年11月8日から2015年1月4日まで、LM3LABSがノルウエーのアーティストPia MyrvoldとコラボレーションしたArt Avatar展が開催されています。

Centre_Pompidou_640

 

この展覧会は、モダンアートとインタラクションに関し、10代の子供たちを教育する目的で企画されました。

ビジターは、Androidタブレット上で共有される特殊効果を用いて、自分で自分の3Dアバターを作り、それが壁面の大型スクリーンに投影され、自分のボディを使ってインタラクティブ に動かすことができます。

最初は自分のボディでアバターを動かし、カーペット上の見えないゾーンに入ると、その形が変化します。トラッキングはLM3LABSの3DFeelが行います。

次のL字型の壁面スクリーンでは、ビジターは自分の作ったアバターにサウンドエフェクトを組み合わせることができます。 3DFeelが頭や腕、ボディのポジション、回転をトラッキングし、没入型の体験を作り上げます。

Centre-Pompidou-1_600

Centre-Pompidou-2_600

最後に、ビジターは iPhoneおよびAndroidで使える Xloudia モバイルアプリ により、自分のスマートフォンに自分で作ったアート作品を保存することができます。作品はARの形で3Dで表示され、美術館を出ても、自分の作品を持ち帰ったり共有できます。 T

LM3LABSは、芸術作品にインタラクティブ・テクノロジーを提供しながら、Jean-Michel Othoniel (東京、マカオ、ニューヨーク)、 Nicolas Buffe(東京)など、アーティストとのコラボレーションを積極的に行っています。

tablets2_600

tablets_600

Interface_Nicolas_Loeillot_screen_Centre_Pompidou

この企画で、LM3LABSは「インタラクティブ」をテーマとするトータル・エクスペリエンスを構築し、一連のメソッドとテクノロジーによる「展覧会の遠隔展開」を実現しました。機材の輸送、ポンピドーセンターの技術スタッフのコーディネートおよびトレーニング、インスタレーション、ソフトウエアのメンテナンスまで、すべて東京から遠隔で行いました。

大きなチャレンジではありましたが、プロジェクト、スタッフ、テクノロジーのマネジメントにおいて、極めて豊かな経験でした。

モダンアートは、LM3LABSの技術により、どこででも実現可能なものとなるのです。

LM3LABSは、アーティストとの新たなコラボレーション企画を進めています。

Timetable and venue of ART AVATAR

LM3LABSが第5回Photo Hack Day Japanのスポンサーに

February 21st, 2014 | Posted in Xloudia, 拡張現実感 - AR | No Comments »

PHD_640

 

LM3LABS は、2月22日〜23日に東京で開催される 5th Photo Hack Day に、スポンサーとして参加します。

Photo Hack Dayとは、写真に関するAPIを利用し、写真アプリを開発するハッカソンです。Aviary社、ミクシィ、Shutterstock社などと共に、LM3LABSも、画像認識ソリューションXloudia で後援します。

開発者やデザイナーが、 Xloudia API を用いて、モバイル用の斬新なアプリを開発します。

ぜひご参加ください。最も優れたXloudia アプリに対し、以下の賞が授与されます:

  • Lenovo Yoga タブレット1台
  • Xloudia 無料登録1年間
  • Xloudiaで使えるインタラクティブTシャツ

共同開発しましょう !

Xloudia コンバータアプリ

June 23rd, 2013 | Posted in Xloudia, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

Xloudiaの技術が可能とする、モバイル・アプリケーションの何百もの可能性の一つを体験していただくため、新たなアプリをリリースいたしました。

Xloudiaコンバータは、2000種もの銀行券を認識し、約0.2秒で、自国通貨の値を提供します。

現在、11種の通貨と、新しいデジタル通貨Bitcoinを変換できます。

通貨を変換するだけでなく、お好みのSNS上で共有したり、メールで画像を送ることができます。

Xloudiaコンバータは、すでにGoogle PlayiTunes Storeにリリースされました。

 

Xloudiaが、2013年度のフレンチビジネス大賞を受賞

February 10th, 2013 | Posted in Xloudia, 拡張現実感 - AR | No Comments »

Award_640

LM3LABSの新製品Xloudiaは、在日フランス商工会議所より、2013年度のフレンチビジネス大賞「イノベーション賞」を受賞しました。

Xloudiaチームを代表し、COOロイヨ・ニコラが、トロフィーを受け取りました。 日本語で

Award_Nicolas_Loeillot_640

ボディトラッキング+ARで、驚きと笑顔あふれるプロモーション

June 4th, 2012 | Posted in 3DFeel, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

仏高級ブランドに採用された最新事例をご紹介いたします。
新製品であるブレスレットのプロモーションで、「どうなってるの?」と興味を抱かせ、印象に残る楽しい思い出を持ち帰り、SNSを通してオンラインでシェアしたくなるような、まったく新しい方法で印象づけることが目的です。

LM3LABSの3DFeelセンサーが、ゲストのボディ全体をトラッキングします。 画面から離れたゲストも、正確に一人ずつ識別しトラッキングできます。ゲストがカメラに近寄ると、画面上で自身の手首に、ブレスレットを身に着けている姿を発見します。3DFeelは右腕と左腕を識別し、手までの距離を計算するため、ブレスレットが正しい位置に配置されます。さらに、高度な3D回転数式を駆使したソフトウエアにより、肘と肩の位置も理解し、腕の適切な位置にブレスレットがマッチします。最後に、3Dのブレスレットがぴったり合うように、ビデオストリームの腕(または袖)を抽出するプロセスがあり、ビデオのフレームごとに行われます。

驚いて笑顔になったところでカウントダウンが始まり、写真が撮影されます。
それぞれ番号が割り当てられた写真が、そばのモニターに表示されます。
ゲストがほしい写真の番号をメールアドレスに送信すると、記念写真を受け取れると同時に、ブランド側はゲストのメールアドレスをデータベースに保存できます。

この企画は数多くのファッションブログでバズ効果が広がり、大きな成功を収めています。

動画をご覧下さい:

ゲストのハッピーなリアクション:

フランスの子供服ブランド「ボンポワン」がARを店舗展開

February 6th, 2012 | Posted in 動画, 拡張現実感 - AR | No Comments »

フランスの子供服ブランド「ボンポワン」が、国内12カ所の店舗に、LM3LABSのAR演出を展開しています。

店舗を訪れる子供たちは、現代美術アーティスト、ジャン=ミッシェル・オトニエルの作品を、iMacの27インチスクリーン上で体験できます。

La Boite社による企画です。

現代美術の展覧会にARを活用

January 16th, 2012 Tags:
| Posted in アート, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

LM3LABSは、フランスの 最も著名な現代美術アーティストの一人であるジャン=ミッシェル・オトニエル

との一連のコラボレーションを開始しました。

第一のコラボレーションは、東京の原美術館における拡張現実(AR)企画です。
ビジター、特に子供たちのために設けられた「ARルーム」にて、今回展示のために移設が困難な12点の主な作品を、拡張現実の形で体験することができます。
子供たちは、これらの作品を自分の手で回転させながら、隅々まで発見できます。
このARルームは、子供たちが拡張現実として発見した作品の形や色をドローイングできるワークショップの一環として併設されています。

この展覧会は、 La Boite社をキュレーター、仏高級子供服ブランド Bonpointをスポンサー として企画され、2012年3月11日まで東京で開催された後、マカオとニューヨークを巡回します。Bonpointのブティックでも、ARアプリのMacバージョンが体験できます(展覧会では  Linuxバージョン)。

1月6日のオープニングレセプションでは、高円宮妃殿下のご臨席のもと、クリスチャン・マセ駐日フランス大使をはじめとする来賓および数百人の招待客が、AR体験を楽しみました。

展覧会に関する情報: Tokyo Art Beat web site

日本語の関連ブログ:

http://bit.ly/xXbjXb

http://www.fashionsnap.com/news/2012-01-03/jeanmichel-bonpoint/

http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/nxa75MDdtPX3oSHGkRlw/

http://chibahidetoshi.blogspot.com/2012/01/blog-post.html

http://yaplog.jp/shigemi-mukuno/archive/157

Happy 2012 !

January 7th, 2012 | Posted in LM3LABS株式会社, 動画, 拡張現実, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

LM3LABSより、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

2012年は、記念すべきインタラクティブ3D元年となることを確信しております。今年は、その新時代の幕開けを皆様と共有できるような、インタラクティブ3D賀状をお届けいたします。

ぜひ、フルスクリーンでお楽しみ下さい。右クリック→Go Fullscreenです。

マウスとキーボードで、3Dの世界をナビゲートできます。

Unityプラグインは、LM3LABSのロゴをクリックしていただければ、簡単にダウンロードできます。

皆様に幸多き、実り豊かな2012年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

リテールおよび美術館/博物館のためのAirStrikeとホログラフィ

September 30th, 2011 Tags:
| Posted in AirStrike, Ubiq'window, ホログラフィー, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

ホログラフィーは、視聴者が3Dオブジェクトの前にいると思わせる視覚のトリックです。

ホログラムのリアリティを疑うことは、「マトリックス流に」生活のリアリティを疑うこと、哲学的な議論につながります。

 

様々なホログラフィック・ソリューションが、東京インタラクションセンターのイベントで紹介/解説されました。

 

ホログラフィック画像をつくるために、いかなる技術が用いられようと、インタラクティブ性のない画像やアニメーションはとても退屈なものであり、人の心をつかむことはできません。

 

何にも触れることなく、光でインタラクティブに操作することは、慎重を要する問題であり、マウスやトラックパッドのようなデバイスの設置は、効果を台無しにしてしまいます。

 

ホログラムを指差しながらインタラクティブに操作することこそ、最良の方法です。

 

AirStrikeは、この目的二達するための最高のツールです。

 

例えばホログラフィック・システム「dreamoc」(他のメーカーも可)とAirStrikeを組み合わせたシミュレーションをご覧下さい。

リアルな物が展示されており、 ホログラフィックなコンテンツが物の周囲に現れ、それをクリックすると、メニューが提示されます。

コンテンツは、より多くの3D特殊効果を追加して、ステレオスコープとすることも可能です。

 

リテールや美術館/博物館のためのアプリケーションは無限に考えられます。

 

高級時計メーカーのためにデザインされた例をご覧下さい。ビジターがガラスケースの中に展示された時計の実物を指差すと、その選択した時計の周囲にホログラフィックなコンテンツが表示されます。

 

 

ホログラフィはスケールの大きい大画面でも可能です。

 

この例においては、ビジターを展示品から離すようなホログラフィックな特殊効果を生むために、「Vizoo」に類似したシステムが用いられています。

AirStrikeにより、展示品のディテールの方を指差す位置にしたがって、拡張された情報が得られます。

 

 

 

 

 

 

 

 

インタラクティブ・ミュージアムのサイトがオープン

January 5th, 2011 | Posted in 3DFeel, AirStrike, Catchyoo, Catchyoo Graffiti, LM3LABS株式会社, Moovaction, Movaction, Ubiq'window, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

美術館・博物館のためのインタラクティブ・ソリューションをご覧いただける新たなサイトをオープンしました。

このサイトは、コンピュータ・ヴィジョン技術が中心となっています:ジェスチャー・トラッキング、顔認識、パッシブ/アクティブ・インタラクティビティ、拡張現実など

タッチレスであるコンピュータ・ヴィジョン技術は、安全で目立たない、研修無用のソリューションとして、美術館・博物館に最適です。

新世紀のキュレーターに贈るサイトはこちらです:

http://museums.lm3labs.com