Archive for the ‘動画’ Category

フランスの現代美術館ポンピドーセンターで、Art Avatar展

December 16th, 2014 | Posted in 3DFeel, Xloudia, アート, 動画, 拡張現実感 - AR | No Comments »

フランスの現代美術館ポンピドーセンターで、2014年11月8日から2015年1月4日まで、LM3LABSがノルウエーのアーティストPia MyrvoldとコラボレーションしたArt Avatar展が開催されています。

Centre_Pompidou_640

 

この展覧会は、モダンアートとインタラクションに関し、10代の子供たちを教育する目的で企画されました。

ビジターは、Androidタブレット上で共有される特殊効果を用いて、自分で自分の3Dアバターを作り、それが壁面の大型スクリーンに投影され、自分のボディを使ってインタラクティブ に動かすことができます。

最初は自分のボディでアバターを動かし、カーペット上の見えないゾーンに入ると、その形が変化します。トラッキングはLM3LABSの3DFeelが行います。

次のL字型の壁面スクリーンでは、ビジターは自分の作ったアバターにサウンドエフェクトを組み合わせることができます。 3DFeelが頭や腕、ボディのポジション、回転をトラッキングし、没入型の体験を作り上げます。

Centre-Pompidou-1_600

Centre-Pompidou-2_600

最後に、ビジターは iPhoneおよびAndroidで使える Xloudia モバイルアプリ により、自分のスマートフォンに自分で作ったアート作品を保存することができます。作品はARの形で3Dで表示され、美術館を出ても、自分の作品を持ち帰ったり共有できます。 T

LM3LABSは、芸術作品にインタラクティブ・テクノロジーを提供しながら、Jean-Michel Othoniel (東京、マカオ、ニューヨーク)、 Nicolas Buffe(東京)など、アーティストとのコラボレーションを積極的に行っています。

tablets2_600

tablets_600

Interface_Nicolas_Loeillot_screen_Centre_Pompidou

この企画で、LM3LABSは「インタラクティブ」をテーマとするトータル・エクスペリエンスを構築し、一連のメソッドとテクノロジーによる「展覧会の遠隔展開」を実現しました。機材の輸送、ポンピドーセンターの技術スタッフのコーディネートおよびトレーニング、インスタレーション、ソフトウエアのメンテナンスまで、すべて東京から遠隔で行いました。

大きなチャレンジではありましたが、プロジェクト、スタッフ、テクノロジーのマネジメントにおいて、極めて豊かな経験でした。

モダンアートは、LM3LABSの技術により、どこででも実現可能なものとなるのです。

LM3LABSは、アーティストとの新たなコラボレーション企画を進めています。

Timetable and venue of ART AVATAR

Xloudia Beaconで、顧客にファーストネームで呼びかけましょう!

June 5th, 2014 Tags:
| Posted in Xloudia, 動画 | No Comments »

LM3LABSは、一連のXloudiaシリーズの新たな技術モジュール、Xloudia Beaconをリリースしました。

Xloudia Beaconは、リテール、美術館、イベントなどにおいて、iBeacon発信器の管理を簡易化するものです。クラウドにより、iBeacon発信器はリアルタイムに遠隔操作で設定・管理され、特定のアクションに組み合わせることができます。

さらに、Xloudia Beaconは、Xloudia画像認識、商品認識、色認識、また動画認識Xloudia TVなど、その他のXloudiaモジュールと直接リンクさせ、ユーザーの自宅から始まり店舗の商品棚へと導くシームレス・エクスペリエンスの創造を可能とします。

顧客にファーストネームで呼びかけ、自社ブランドについて、パーソナライズされたエクスペリエンスを提供できます。

Xloudia Beaconは、 市場にあるすべてのBLE発信器で作動し、異質な展開との連携も可能です。

Xloudia Beaconは、すぐにもご利用いただけます。展開のご提案や応用のアイデアについて、ぜひお問い合わせください。

Xloudia Beaconに関する詳細:

Xloudia Beaconのデモ動画:

ジュエリーブランドTASAKIが、LM3LABSの「i-Portrait」を採用

May 23rd, 2014 | Posted in 3DFeel, Catchyoo設置, 動画, 映画 | No Comments »

 

blog-1

日本を代表するジュエリーブランドTASAKIが、創業60周年を記念したレセプションおよび銀座本店のギャラリー展示のために、LM3LABSの顔認識およびボディトラッキング技術によるインタラクティブ・フォトブース・システム「i-Portrait」(アイ・ポートレイト)を採用しました。

「i-Portrait」は、LM3LABSの複数の技術をひとつにまとめたシステムです。
顔認識技術CatchyooFaceTrackerにより、カメラが室内のゲストの動きをトラッキングし、「黄金比率」で顔をトリミングします。
トリミングされた顔は、パールを模した大画面に投影されます。

blog3

ゲストがスクリーンに手を伸ばすと、ボディトラッキング技術3DFeelにより、カウントダウンとともにフラッシュが光り、パールのポートレイトが撮影されます。

Blog-4

LM3LABSが開発した独自のシェーダにより、顔の美しさが際立つように加工され、エレガントなモノクロ写真として完成します。
ゲストは、メールボットとフェイスボットにより、自分のモバイル端末に高画質のポートレイトを受信したり、TASAKIのフェースブックの特設ページへ投稿することができます。

銀座本店のギャラリーでは、スタッフがプリントボットを用いて写真を印刷し、ゲストにプレゼントいたします。

blog-2

また、ゲストの写真を、3Dのパールで構成されたインタラクティブ・ポートレイトに変換するモバイル用アプリも開発しました。

このシステムは、複数のゲストが集まる空間に適応します。狭い空間に数十人がひしめくような場合でも、最も前にいる人を優先的にトラッキングできます。

「i-Portrait」はパッケージ化されています。イベントでも常設でも、簡単に設置でき、店舗や公共施設の空間演出や集客のためにご活用いただけます。
「i-Portrait」は、5月24日から6月30日まで、TASAKI銀座本店ギャラリーにてご体験いただけます。

お問い合わせをお待ちしております。

Tasaki-Portrait-Print

原美術館の現代美術展覧会に協賛

May 16th, 2014 | Posted in 3DFeel, アート, 動画, 映画 | No Comments »

LM3LABSは、フランスの新進気鋭の作家、ニコラ・ビュフの展覧会「ポリフィーロの夢」に、スポンサーとしてボディトラッキング技術3DFeelを提供し、アートと技術が融合した斬新なインタラクティブ・インスタレーションを実現しました。

LM3LABSのインタラクティブ技術により、ヨーロッパの伝統文化と日本のサブカルチャーを絶妙に融合させた作品を、自身のボディで実際に体験し、展示の一部となることができます。

200インチの大画面の中で、甲冑をまとった騎士となり、剣を取って竜と戦います。独在住の音響空間作家・及川潤耶のサウンドと共に、圧倒的な没入型空間で、ファンタジーの世界を体験します。

展覧会は6月26日まで開催中です。「まさに現代のアート」「見る人自身がポリフィーロになり、困難を乗り越える体験をすることができる」など、好評を博しています。ぜひご体験ください。PDF

DSC_7093

DSC_7139

ハウステンボスの近未来スマートハウスに空間センサーAirStrikeを採用

January 9th, 2014 | Posted in AirStrike, 動画, 映画 | No Comments »

長崎県佐世保市のハウステンボス(HTB)が実証実験を進める、再生可能エネルギーを使用した省エネ型住宅「スマートハウス」に、LM3LABSのインタラクティブ技術が採用されました。

横幅2mのセンサーAirStrike 200を、100インチの大型ホログラフィックスクリーンに組み合わせ、スマートなグッドデザインを保ちながら、インタラクティブ機能を活用することができます。

HTB_640

インタラクティブに地域の自然を学ぶ子供たち

June 24th, 2013 | Posted in Catchyoo, Catchyoo設置, 動画, 映画 | No Comments »

Gifu-600px

 

LM3LABSは、子供たちが楽しく地域の自然を学ぶために設置された、岐阜市科学館のインタラクティブなエデュテインメント・システムを実現しました。

+ 目的

地域の自然について、子供たちの関心を惹き付けるため、科学館では、パネルや動画等を超えた新たなメディアが必要とされていました。

都会的な環境にある科学館内で、いかに子供たちにリアルな自然を感じてもらうか、が課題となりました。
サメやイルカ、クマノミのような派手なキャラクターではない、地元の川に生息する魚たちに、自然に親近感を持てるような演出が期待されました。

+ 提案

可能な限り「自然な」体験にビジターを誘い、しかも楽しんでもらえる映像演出をご提案しました。ボディトラッキング技術Catchyooを基盤とした、5m四方のインタラクティブな大型床面映像上で、10種の川魚たちが、それぞれの泳ぐ速度や行動習性にしたがって動き回ります。
ある魚は群れをなして泳ぎ、別の魚は素早く逃げるように動く等、魚の種類ごとに、モーションや習性が細かく再現されました。
言葉で説明するよりも、全身で魚の習性を体験することができます。
子供たちがこの画面上を歩くと、実際の川と同様に、魚たちは逃げようとします。
子供たちが魚に触れると、その名前が表示され、魚を追いかけながら、名前を学習することができます。

+ 結果

インスタレーションは成功を収め、科学館を訪れる人々に喜ばれています。
子供たちがはどのように魚の名前を覚えるかを科学的に測定することはできなくても、パネル展示で学ぶよりもはるかに効果的に、しかも楽しく、インタラクティブな床面上で遊びながら、確実に自然を学べると言えましょう。

ボディトラッキング+ARで、驚きと笑顔あふれるプロモーション

June 4th, 2012 | Posted in 3DFeel, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

仏高級ブランドに採用された最新事例をご紹介いたします。
新製品であるブレスレットのプロモーションで、「どうなってるの?」と興味を抱かせ、印象に残る楽しい思い出を持ち帰り、SNSを通してオンラインでシェアしたくなるような、まったく新しい方法で印象づけることが目的です。

LM3LABSの3DFeelセンサーが、ゲストのボディ全体をトラッキングします。 画面から離れたゲストも、正確に一人ずつ識別しトラッキングできます。ゲストがカメラに近寄ると、画面上で自身の手首に、ブレスレットを身に着けている姿を発見します。3DFeelは右腕と左腕を識別し、手までの距離を計算するため、ブレスレットが正しい位置に配置されます。さらに、高度な3D回転数式を駆使したソフトウエアにより、肘と肩の位置も理解し、腕の適切な位置にブレスレットがマッチします。最後に、3Dのブレスレットがぴったり合うように、ビデオストリームの腕(または袖)を抽出するプロセスがあり、ビデオのフレームごとに行われます。

驚いて笑顔になったところでカウントダウンが始まり、写真が撮影されます。
それぞれ番号が割り当てられた写真が、そばのモニターに表示されます。
ゲストがほしい写真の番号をメールアドレスに送信すると、記念写真を受け取れると同時に、ブランド側はゲストのメールアドレスをデータベースに保存できます。

この企画は数多くのファッションブログでバズ効果が広がり、大きな成功を収めています。

動画をご覧下さい:

ゲストのハッピーなリアクション:

DiorがAirStrikeによるインタラクティブ・ブックのロードショーを開始

April 9th, 2012 | Posted in AirStrike, 動画, 映画 | No Comments »

Diorが、AirStrikeによるインタラクティブ・ブックのロードショーを、シンガポールで開始しました。

ビジターは、シンプルな手のジェスチャーで、バーチャル・ブックのページをめくることができます。

まずDior Addict、次いでMiss Diorのキャンペーンが予定されています。

フランスの子供服ブランド「ボンポワン」がARを店舗展開

February 6th, 2012 | Posted in 動画, 拡張現実感 - AR | No Comments »

フランスの子供服ブランド「ボンポワン」が、国内12カ所の店舗に、LM3LABSのAR演出を展開しています。

店舗を訪れる子供たちは、現代美術アーティスト、ジャン=ミッシェル・オトニエルの作品を、iMacの27インチスクリーン上で体験できます。

La Boite社による企画です。

現代美術の展覧会にARを活用

January 16th, 2012 Tags:
| Posted in アート, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

LM3LABSは、フランスの 最も著名な現代美術アーティストの一人であるジャン=ミッシェル・オトニエル

との一連のコラボレーションを開始しました。

第一のコラボレーションは、東京の原美術館における拡張現実(AR)企画です。
ビジター、特に子供たちのために設けられた「ARルーム」にて、今回展示のために移設が困難な12点の主な作品を、拡張現実の形で体験することができます。
子供たちは、これらの作品を自分の手で回転させながら、隅々まで発見できます。
このARルームは、子供たちが拡張現実として発見した作品の形や色をドローイングできるワークショップの一環として併設されています。

この展覧会は、 La Boite社をキュレーター、仏高級子供服ブランド Bonpointをスポンサー として企画され、2012年3月11日まで東京で開催された後、マカオとニューヨークを巡回します。Bonpointのブティックでも、ARアプリのMacバージョンが体験できます(展覧会では  Linuxバージョン)。

1月6日のオープニングレセプションでは、高円宮妃殿下のご臨席のもと、クリスチャン・マセ駐日フランス大使をはじめとする来賓および数百人の招待客が、AR体験を楽しみました。

展覧会に関する情報: Tokyo Art Beat web site

日本語の関連ブログ:

http://bit.ly/xXbjXb

http://www.fashionsnap.com/news/2012-01-03/jeanmichel-bonpoint/

http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/nxa75MDdtPX3oSHGkRlw/

http://chibahidetoshi.blogspot.com/2012/01/blog-post.html

http://yaplog.jp/shigemi-mukuno/archive/157