Archive for the ‘LM3LABS株式会社’ Category

LM3LABS、「フレンチテック東京」ローンチに参加

October 5th, 2015 | Posted in LM3LABS株式会社, Xloudia, ウェブ・技術 | No Comments »

LM3LABSは、日仏スタートアップ企業の経済的価値と雇用創出への貢献を目指す「フレンチテック東京」に参加しました。

 

 

fttokyo

 

 

10月5日、エマニュエル・マクロン経済・産業・デジタル大臣より、フレンチテック東京の公式ローンチが宣言されました。

 

c73942b995c278b888b29b7500d9e19a00d1c2f8

 

 

LM3LABS FRANCEは、フレンチテック東京のアンバサダーとして参加、またLM3LABS株式会社は、クラウド型認識モジュールXloudiaのプレゼンテーションおよびデモを行いました。

 

IMG_20151005_171011

 

また、ミュリエル・ペニコー フランス貿易投資庁-ビジネスフランスCEO、対仏投資誘致担当大使より、LM3LABS株式会社に、フランスの活力、創造性をアピールし、その豊かな才能、スタートアップ企業、エンジニア、発明家を紹介する「クリエイティブ・フランス」の公式ブックが贈呈されました。

 

Photo-07-09-2015-15-01-041-e1441614296268

Photo-07-09-2015-15-03-11

 

公式ブックには、LM3LABSの技術Xloudiaが紹介されています。

 

 

 

フレンチテック東京 ウェブサイト ウェブサイト

クリエイティブ・フランス プレスリリース

 

 

10年にわたる日仏イノベーション

June 23rd, 2013 | Posted in LM3LABS株式会社, Xloudia | No Comments »

LM3LABSは、6月6日~8日の仏大統領の訪日に際し、公式代表団に参加しました。

2003年以来、LM3LABSは、コンピューター・ビジョンの分野で、日仏のイノベーションを担って来ました。

LM3LABSは、イノベーションを目的とする、日仏間の有益なコラボレーションを象徴する企業として、公式代表団に選出されました。
渋谷ヒカリエのKDDIショールームにて、LM3LABSは、フランソワ・オランド大統領はじめ、ファビウス外相、ペルラン中小企業・デジタル担当相、およびLM3LABSの顧客に、技術のプレゼンテーションを行いました。

実業界では、ルノー=日産CEOカルロス・ゴーン氏、ルノー名誉会長ルイ・シュバイツァー氏、東芝社長佐々木則夫氏も代表団に参加しました。

日本語のプレスリリース

Happy 2012 !

January 7th, 2012 | Posted in LM3LABS株式会社, 動画, 拡張現実, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

LM3LABSより、謹んで新春のお慶びを申し上げます。

2012年は、記念すべきインタラクティブ3D元年となることを確信しております。今年は、その新時代の幕開けを皆様と共有できるような、インタラクティブ3D賀状をお届けいたします。

ぜひ、フルスクリーンでお楽しみ下さい。右クリック→Go Fullscreenです。

マウスとキーボードで、3Dの世界をナビゲートできます。

Unityプラグインは、LM3LABSのロゴをクリックしていただければ、簡単にダウンロードできます。

皆様に幸多き、実り豊かな2012年となりますよう、心からお祈り申し上げます。

LM3LABSシンガポール法人設立

October 24th, 2011 Tags:
| Posted in LM3LABS株式会社 | No Comments »

LM3LABSシンガポール法人設立をお知らせいたします。

ビジネスと革新の国シンガポールは、2006年よりLM3LABSの重要な市場となっています。アジアと中東を結ぶ拠点の役割を持つ都市国家です。

LM3LABSシンガポールには、3つの主要なミッションがあります:

1- LM3LABS Pte Ltdは、シンガポールはもちろん、インド、インドネシア、オーストラリア、マレーシア、中国など、急成長を遂げつつある国々の、ますます増大するインタラクティブ製品技術の需要に対応します。
2- この発展は、2012年のLM3LABSフランスの研究開発プログラムにも貢献します。
3- LM3LABS Pte Ltdは、インタラクション・デザイン、技術のインテグレーション、製品の設置について、現地パートナーをより良くサポートします。

2012年初頭に、ショールームを開設する予定です。

ビジネス開発マネージャーBelinda Ngが、地域市場の発展を管理します。
アジア、中東、オセアニアの市場について、ぜひご連絡下さい。

3つの新製品のウエブサイトがスタート

August 3rd, 2011 | Posted in 3DFeel, AirStrike, LM3LABS株式会社, Moovaction | No Comments »

3つの新製品のウエブサイトをご案内いたします:

– AirStrike™: http://airstrike.lm3labs.com

このタッチレス空間フィンガートラッキング技術は、2年前にリリースされましたが、このたび専用のウエブサイトをスタートいたしました。

– 3DFeel®: http://www.3dfeel.net

フルボディ・トラッキング技術3DFeelは、材料のライブラリーを作るパートナーとのコラボレーションを伴う製品です。
ウエブサイトは、モジュールやアバター、ゲーム理論などのパートナー間のコラボレーションによって、フォーラムを中心とするサイトに発展することになります。

– Moovaction®: http://www.moovaction.com

Moovactionは、木やガラスなど、どのような素材の表面上でもインタラクション操作を可能とする、正確なフィンガートラッキング技術です。インテリア、店舗のデザイン、インタラクティブ家具のデザイン、また技術をカモフラージュするべきあらゆるインテグレーションに適しています。

LM3LABSは、指や手、ジェスチャー、ボディ、顔、画像をトラッキングするインタラクティブ技術の、最も分かりやすいポートフォリオを提供いたします。

インタラクティブ・ミュージアムのサイトがオープン

January 5th, 2011 | Posted in 3DFeel, AirStrike, Catchyoo, Catchyoo Graffiti, LM3LABS株式会社, Moovaction, Movaction, Ubiq'window, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

美術館・博物館のためのインタラクティブ・ソリューションをご覧いただける新たなサイトをオープンしました。

このサイトは、コンピュータ・ヴィジョン技術が中心となっています:ジェスチャー・トラッキング、顔認識、パッシブ/アクティブ・インタラクティビティ、拡張現実など

タッチレスであるコンピュータ・ヴィジョン技術は、安全で目立たない、研修無用のソリューションとして、美術館・博物館に最適です。

新世紀のキュレーターに贈るサイトはこちらです:

http://museums.lm3labs.com

謹賀新年 2011 !

January 1st, 2011 | Posted in LM3LABS株式会社 | No Comments »

お客様、パートナーの皆様に、新年のお喜びを申し上げます。
2011年も、驚くべき未来的な技術に向かって前進します。

皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

LM3LABSのインタラクティブ技術のポートフォリオ

November 23rd, 2010 | Posted in 3DFeel, AirStrike, Catchyoo, LM3LABS株式会社, Movaction, Ubiq'window, 拡張現実感 - AR | No Comments »

LM3LABSは、7年以上前から、コンピュータ・ヴィジョン技術を基盤とした一連の技術と製品を作り上げてきました。それは、ソフトウエアのみでは、高品質のコンピュータ・ヴィジョン製品を作ることは困難であるため、ソフトウエアとエレクトロニクス製品を組み合わせた技術となっています。

これらの技術をそれぞれ分かりやすく解説したポートフォリオを作成しました。

そのすべてが「ジェスチャー・コントロール」の分野に依るものであり、4つのカテゴリーに分類されます:

  • – フィンガー・トラッキング: 正確なフィンガー・トラッキングは、シングルタッチにもマルチタッチにも応用できます。フィンガー・トラッキングには、ジェスチャーとしてのハンド・トラッキングも含まれます。
  • – ボディ・トラッキング: ボディをポインティング・デバイスとして用います。ボディ・トラッキングは、ユーザーの積極的な意思がなくても反応する「パッシブ・インタラクティビティ」、または、3DFeelの技術のように、能動的な「プレイヤー」がボディを使ってコンテンツをインタラクティブに操作する「アクティブ・インタラクティビティ」に組み合わせることができます。
  • – フェース・トラッキング: 顔をポインティング・デバイスとして用います。シングルユーザーにも、マルチユーザーにも設定できます。フェース・トラッキングは、デジタルコンテンツとの双方向の関係にユーザーを巻き込む、「パッシブ・インタラクティビティ」のツールです。
  • – 画像トラッキング: 拡張現実 (AR)により、ユーザーは画像(パンフレット、チラシ、リアルな商品、Tシャツ、顔など)を使ってデジタルコンテンツをインタラクティブに操作できます。ARは、マーカーを使うものと、マーカーレスのタイプがあります。マーカーレスは、より高度な技術ですが、マーカーを用いる技術には、ユーザーにとっての使いやすさ、分かりやすさがあります(マーカーレス技術は、ARのリーデリィングカンパニー、 Total Immersion社との緊密なコラボレーションにより提供されます)。

LM3LABSのほとんどの製品は、それぞれの分野において、比類のないリーダーの位置を築いています。

東京インタラクションセンターへようこそ!

July 5th, 2010 Tags: ,
| Posted in LM3LABS株式会社, ピープル | No Comments »

インタラクションとユーザー・エクスペリエンス(UX)のための 初のコミュニティ、東京インタラクションセンター(TinC)の導入は、それ自体がエキサイティングな体験です。

iPhone やその他の「マルチタッチ」機器の成功により、大学研究者から大小様々な技術開発企業、広告代理店、クリエーター、アーティスト、およびもちろんエンド ユーザーまで、幅広い多彩な分野において、「インタラクティビティ」「タッチ」または「エクスペリエンス」という言葉を、ますます頻繁に耳にするように なっています。

しかし、これらのすべての様々な分野の人々は、これまでは相互に交流し、インタラクティビティに関する観点を交換する機会を得ることはありませんでした。 TinCは、関心を持つあらゆるアクターが一堂に会し、共に活動できる初めての場となります。

私たちにとって、インタラクティビティとは、映画「マイノリティ・リポート」のように、単なる未来的なタッチスクリーンに留まりません。 インタラクティビティは、すでに多くの形態のもとで利用可能であり、比類のないユーザー・エクスペリエンスのため、ただ単に「タッチする」よりもはるかに多くを提供できるのです。TinCの目標は、現在可能であることを示し、インタラクティビティの未来の応用を想像する試演の場となることです。 建築家、アーティスト、研究者、大学、科学技術者、そしてその他の幅広い分野の人々の間に、実りある討議が生まれることでしょう。

数週間のうちに、 センターでお見せできる詳細についてお知らせいたします。 多くのニュースをお届けいたしますので、このスペースに是非ご注目下さい!

http://tokyointeract.org

日本法人「LM3LABS株式会社」設立のお知らせ

January 8th, 2010 | Posted in LM3LABS株式会社 | No Comments »

LM3LABSより、日本法人「LM3LABS株式会社」の設立をお知らせいたします。

この新会社は、仏国法人「LM3LABS S.a.r.l.」および米国法人「LM3 LLC 」日本営業所を100%所有する予定です。
LM3LABS株式会社は、より完全な一連の付加価値とともに、よりお客様に密接したサービスの提供を主軸とした戦略を推進いたします。
同時に、新会社は、インタラクティブ技術を幅広い企業に提供するOEM戦略も進めてまいります。
この新たな構造は、投資家の皆様に資本参加の機会を開きます。また、LM3LABSのスタッフにとっても、自社の株主となる機会が得られます。
会社の取締役会は、主にインタラクティビティ、コンピュータ・ビジョン、マーケティングの分野からの人材で構成され、後日メンバーをご紹介いたします。
新会社のリフレッシュされたロゴとウェブサイトをご覧下さい。URLは同じです: www.lm3labs.com
LM3LABS株式会社のブログは、次のアドレスからご覧下さい:http://jp.lm3labs.com
RSS登録をお願いいたします。
LM3LABS株式会社に関するお問い合わせをお待ちしております。