Archive for the ‘アート’ Category

フランスの現代美術館ポンピドーセンターで、Art Avatar展

December 16th, 2014 | Posted in 3DFeel, Xloudia, アート, 動画, 拡張現実感 - AR | No Comments »

フランスの現代美術館ポンピドーセンターで、2014年11月8日から2015年1月4日まで、LM3LABSがノルウエーのアーティストPia MyrvoldとコラボレーションしたArt Avatar展が開催されています。

Centre_Pompidou_640

 

この展覧会は、モダンアートとインタラクションに関し、10代の子供たちを教育する目的で企画されました。

ビジターは、Androidタブレット上で共有される特殊効果を用いて、自分で自分の3Dアバターを作り、それが壁面の大型スクリーンに投影され、自分のボディを使ってインタラクティブ に動かすことができます。

最初は自分のボディでアバターを動かし、カーペット上の見えないゾーンに入ると、その形が変化します。トラッキングはLM3LABSの3DFeelが行います。

次のL字型の壁面スクリーンでは、ビジターは自分の作ったアバターにサウンドエフェクトを組み合わせることができます。 3DFeelが頭や腕、ボディのポジション、回転をトラッキングし、没入型の体験を作り上げます。

Centre-Pompidou-1_600

Centre-Pompidou-2_600

最後に、ビジターは iPhoneおよびAndroidで使える Xloudia モバイルアプリ により、自分のスマートフォンに自分で作ったアート作品を保存することができます。作品はARの形で3Dで表示され、美術館を出ても、自分の作品を持ち帰ったり共有できます。 T

LM3LABSは、芸術作品にインタラクティブ・テクノロジーを提供しながら、Jean-Michel Othoniel (東京、マカオ、ニューヨーク)、 Nicolas Buffe(東京)など、アーティストとのコラボレーションを積極的に行っています。

tablets2_600

tablets_600

Interface_Nicolas_Loeillot_screen_Centre_Pompidou

この企画で、LM3LABSは「インタラクティブ」をテーマとするトータル・エクスペリエンスを構築し、一連のメソッドとテクノロジーによる「展覧会の遠隔展開」を実現しました。機材の輸送、ポンピドーセンターの技術スタッフのコーディネートおよびトレーニング、インスタレーション、ソフトウエアのメンテナンスまで、すべて東京から遠隔で行いました。

大きなチャレンジではありましたが、プロジェクト、スタッフ、テクノロジーのマネジメントにおいて、極めて豊かな経験でした。

モダンアートは、LM3LABSの技術により、どこででも実現可能なものとなるのです。

LM3LABSは、アーティストとの新たなコラボレーション企画を進めています。

Timetable and venue of ART AVATAR

原美術館の現代美術展覧会に協賛

May 16th, 2014 | Posted in 3DFeel, アート, 動画, 映画 | No Comments »

LM3LABSは、フランスの新進気鋭の作家、ニコラ・ビュフの展覧会「ポリフィーロの夢」に、スポンサーとしてボディトラッキング技術3DFeelを提供し、アートと技術が融合した斬新なインタラクティブ・インスタレーションを実現しました。

LM3LABSのインタラクティブ技術により、ヨーロッパの伝統文化と日本のサブカルチャーを絶妙に融合させた作品を、自身のボディで実際に体験し、展示の一部となることができます。

200インチの大画面の中で、甲冑をまとった騎士となり、剣を取って竜と戦います。独在住の音響空間作家・及川潤耶のサウンドと共に、圧倒的な没入型空間で、ファンタジーの世界を体験します。

展覧会は6月26日まで開催中です。「まさに現代のアート」「見る人自身がポリフィーロになり、困難を乗り越える体験をすることができる」など、好評を博しています。ぜひご体験ください。PDF

DSC_7093

DSC_7139

現代美術の展覧会にARを活用

January 16th, 2012 Tags:
| Posted in アート, 動画, 拡張現実感 - AR, 映画 | No Comments »

LM3LABSは、フランスの 最も著名な現代美術アーティストの一人であるジャン=ミッシェル・オトニエル

との一連のコラボレーションを開始しました。

第一のコラボレーションは、東京の原美術館における拡張現実(AR)企画です。
ビジター、特に子供たちのために設けられた「ARルーム」にて、今回展示のために移設が困難な12点の主な作品を、拡張現実の形で体験することができます。
子供たちは、これらの作品を自分の手で回転させながら、隅々まで発見できます。
このARルームは、子供たちが拡張現実として発見した作品の形や色をドローイングできるワークショップの一環として併設されています。

この展覧会は、 La Boite社をキュレーター、仏高級子供服ブランド Bonpointをスポンサー として企画され、2012年3月11日まで東京で開催された後、マカオとニューヨークを巡回します。Bonpointのブティックでも、ARアプリのMacバージョンが体験できます(展覧会では  Linuxバージョン)。

1月6日のオープニングレセプションでは、高円宮妃殿下のご臨席のもと、クリスチャン・マセ駐日フランス大使をはじめとする来賓および数百人の招待客が、AR体験を楽しみました。

展覧会に関する情報: Tokyo Art Beat web site

日本語の関連ブログ:

http://bit.ly/xXbjXb

http://www.fashionsnap.com/news/2012-01-03/jeanmichel-bonpoint/

http://www.art-it.asia/u/HaraMuseum/nxa75MDdtPX3oSHGkRlw/

http://chibahidetoshi.blogspot.com/2012/01/blog-post.html

http://yaplog.jp/shigemi-mukuno/archive/157